水辺の安らぎと都市空間の共存を目指す、護岸パネル工法研究会

防食補強パネル

腐食した既存港湾構造物の防食補強を行える製品

NETIS登録番号:KTK-100006-A(2016年10月掲載終了)
東京都港湾局新素材登録番号:23016

PDF NETIS登録情報 (KTK-100006-A)はこちら (PDF)

  • 設計耐力が低下した鋼構造物を回復・向上する。
  • 特殊座掘をパネルに施して、鋼構造物をボルトにて締付けて直接固定ができる。
  • 本製品は、高品質・高耐久性であり、施工管理が容易になる。
  • 本工法は、脱型作業・鉄筋組立工が省略され、工程が短縮される。
  • トレミー管での施工が不可能な場所(上部工のあご下や空頭制限区域)は、パネルに 注入孔・確認孔を設けて、中詰材(コンクリート・モルタル)を打設することができるパネルである。
  • 現場に対応したパネルを製作することができる。

防食補強パネル

護岸補強案

防食補強パネル

製品の形状寸法
高さ 7.0m以内
幅 2.5m以内
厚さ 0.13m以上
※詳細に関してはお問い合わせ下さい。

護岸パネル工法研究会 事務局 TEL 03-5935-6612
FAX 03-6908-0580

PAGETOP
Copyright © 護岸パネル All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.